BRAT ??

買う前と後

 
スバルブラットとは?? ブラットは、主としてアメリカ向けの輸出専用車で、荷台を持つ実用性、スタイリッシュなボディ、さらに4輪駆動ならでは高い行動力によりキャンプ旅行やサーフィン、モトクロスなど野外での遊びに便利な車として親しまれていた。ブラットは、簡単にいうとレオ−ネのピックアップトラックである。1978年(昭和53年)から1987年(昭和62年)まで生産されたが、日本国内では普通に販売される事はなかったため日本国内で目にすることは皆無に等しかったが一部のスバル系ショップが独自に輸入したり富士重工関係者が乗っていた物を含めて、合計200台ほどが日本国内に存在しているようだ。しかしこれまで日本国内で実物と遭遇したのは20年間で2度(アメリカでは数台遭遇)という,なんとも稀な車である。(まあ在る所には在るのだろうが。)本格的なモデルチェンジは1度だけ行われたことと、ヘッドライトが2灯式から 4灯式になったことぐらいで、全体としては大きな変化は見られない。エンジンは初期モデルにOHV1600ccのEA71、二代目はOHVの1800ccのEA81だったEA81ではターボモデルも追加された。なぜ日本国内で販売されなかったかというと、理由の真相は不明だが、おそらく日本の規制と、ブラットのもつ性質がマッチしなかったからだと思う。日本の法律では人が乗る空間よりも荷室が広ければ貨物車という分類に入れられてしまう。(多分そんな感じだったはず)ブラットはレジャーに使うようなコンセプトで開発されたはずで4ナンバーの貨物車じゃ、カッコ悪いし、車検は1年など問題があった。(当時はレオ−ネワゴンも営業車に間違えられる時代) オプションで荷台にシートが用意されては、いたものの安全性の問題で、認められる状態では無かったのでは? BRATがほしーーーーい。そして購入まで。 ブラットのラジコンを買ったのが1983年ごろだった。それ以前からレオーネに乗っていたからブラットに興味はあったのだが町で見ることも無く半"幻の車"となりかけていた上、売っていないものは仕方ないとあきらめていた。だが2,3年前だろうか自動車雑誌CG(カーグラフィック)の売買コーナーにブラット売ります!とあったので早速問い合わせはしたものの掲載された号の発売日前日に違う雑誌を見たひとに買われていった。ここでまたもやブラットGET計画は暗礁に乗り上げた。だがインターネットでBRATを探せばちらりほらりと関連ページが出てきた。とあるHPでブラットを探していると掲示板に書き込んだら、そこのHPの作者からメールが届き、ブラットが在りそうな店の情報を得て、問い合わせたところ1件目は留守で電話に出てこない、2件目は高値をつけたので却下、3件目でGET。とりあえず店から写真を送ってもらい(ラジコンの印象が強かったので赤が希望だったが実際は紺色)FAXで車体状況を確認。特に致命的な問題はなかったのでとりあえず現車をチェックしに行った。予想していたよりも外見はキレイだった。ターボと予想していたがNAだったが、そんなことはこの際どうでもよかった。まあ、なにわともあれGET出来てよかった、よかった。
(1999/08)
***************************************************************************************
買ってからのお話

東京から車積で滋賀のスバル直行 即車検を通す
車検完了後やっと自宅ガレージまで移動
家族総出で車内清掃全て取っ払い洗浄しました カーペットをめくればアメリカのコインが出て来ました
前オーナー所在は日本であるがここまで掃除しなかった???
掃除完了後即スバル指定板金工場に移動 板金全塗装依頼
すでに一回オールペンされていたようでデカールの下またデカール前回の塗装の酷さが判る
全てサンダーがけ 板金 パテうめ等完璧を期す
色はレガシィの標準色のレッドマイカ 下地は白色塗装を施していただきました。
すべてのパーツをはずしたので予想より遅れて仕上がったが 満足

それから毎日曜日ブラットととのお遊びが延々と続く
入手可能なパーツは全て新品に交換 なにせ古いので全てのパーツの供給は不可
ブラット専用のパーツは車検証とパーツNOにてスバルに注文
モール サイドプロテクタ ヘッドランプ グリル エアコン噴出しルーバー
メーターアクリル コンソール部品 灰皿ライト サイドベンチカバー
燃料ポンプ フイルター 等
パーツリストを入手以前はパーツNo.が分からないので富士重工の相談室にTELし
応対に出た女性に頼み込んで一部コピーを頂きました。宇都宮工場に有りお送りいただきました 感謝
暫くしてパーツリスト入手 アメリカスバルでのコピー 
シートは破れていたのでRECAROに入替 ベースはブリッドにTELしレオーネ分で作成してもらい
知り合いの車屋さんで現物合わせ溶接加工  感謝
オーディオのカバーは国内用の1DINは合わない スーパーオートバックスでアメリカ製を見つけてGET
ぴったりFIT
リアーシートとツインキャブは車両とは別に入手
標準の日立シングルキャブは調子が悪かったので車屋さんに教えてもらい自分でオーバーホール
ガスケット作りは大変だった
RX用ツインキャブは現在数少ないキャブ屋さんに持ち込みオーバーホール依頼 新品同様で帰って来ました 感謝
さて載せ変えにあたり困ったことが カルフォルニア仕様の為やたらとパイピングがあり
分からない
載せ変え断念と2年ほどほったらかしに
子供が 泉州の方にいいチューニング屋さんがあるといい、そこに載せ変え依頼
ツインキャブになったブラットが帰ってきて驚いた すこぶるエンジンの調子がいい
回転も安定している
さすがープロと脱帽
キャブ以外にかなりの個所の修正をして頂いて 感謝
次にまたまたロールーバーを入手
白色錆び有りこのままでは取り付け不可
ネットで鍍金関係の工場150件位検索し 最後に福岡メッキにたどり着く
即クロムメッキ依頼 またまた綺麗になって帰ってきました 感謝
取り付けは簡単です
あとはネットでホィール・使えるか分からないAAのパーツ ショックと
アルミホィールは4組あります 13*2 14*2
タイヤは175-70-13がとり回しが良い。


最近のブラットの状況

メール等により入手希望の方が時々おられます。
現在4台の仲人をしました。
タイミングが良ければ入手可能です。
ただしNOX等の規制が有ります。